南濃衛生施設利用事務組合 > 衛生センター

衛生センター

施設概要

組合構成町 養老町、海津市
所在地 岐阜県養老郡養老町高田1859番地
処理方式 し尿系:嫌気性消化処理方式+活性汚泥法+硝化脱窒素処理方式+凝集沈殿処理方式
浄化槽汚泥系:固液分離+活性汚泥法+凝集沈殿処理方式
処理能力 し尿系:60KL/日 合計:90KL/日
浄化槽汚泥系:30KL/日

放流水質

PH 6.0~8.0
BOD 20mg/L以下
COD 35mg/L以下
SS 20mg/L以下
TN 20mg/L以下
TP 2.0mg/L以下
大腸菌群数 3,000個/mL以下

行政区域図

行政区域図

施設全体配置図

受入貯留準備

受け入れた浄化槽汚泥中の土砂や夾雑物を取り除き、次工程に定量供給します。
回収した夾雑物は、脱水後、し渣ホッパーに送ります。

■トラックスケール
受け入れる浄化槽汚泥の正味重量は、収集車に搭載したままで計量を行い、印字カードに自動的に記録、登録します。
■受入室
出入口を自動扉で遮断し、臭気を漏らさず補集して脱臭が行われるように、細心の注意を払っています。
■破砕機
浄水槽汚泥中に含まれる布切れやビニールなどの夾雑物を細断し、ドラムスクリーンへ圧送します。
■ドラムスクリーン・スクリュープレス
細目のドラムスクリーンで夾雑物を回収し、スクリュープレスで圧縮・脱水した後、し渣ホッパーに送ります。

一次・二次処理設備

前処理された浄化槽汚泥は、前曝気槽で酸化した後、固液分離槽で沈殿物を除去し、負荷を軽減します。
曝気槽では、活性汚泥法による生物処理を行い、有機物を活性汚泥(微生物の集合体)に変え、沈殿槽で取り除きます。

■処理室
前曝気槽、固液分離槽、曝気槽等はスラブを設け、密閉槽として、効率よく脱臭を行います。
■ポンプ設備
投入ポンプ、汚泥引抜ポンプ等は定量ポンプを使用し、負荷の統一化を図っています。
■ブロワー室
低騒音、低振動型の三葉 ルーツブロワーで、空気を送ります。室内壁には吸音材を吹付け、消音効果を高めています。

高度処理設備

二次処理水に薬品を添加してフロックを作り凝集沈殿槽で重力沈降させ、リンやSS、COD、色度成分などを除去して清澄な処理水にします。

■凝集沈殿槽
前段の混和槽及び凝集槽に硫酸バンド、高分子を添加して沈殿しやすいブロックとして処理します。
■水質試験室
受け入れから放流までの各プロセスにおける水質の検査を行って、適正に処理されているかどうかを、しっかり監視しています。
■UV計
放流水量、汚濁量を自動計測して、積算記録を行い、処理水のチェックをします。

汚泥処理設備

汚泥は濃縮後、凝集剤を添加して脱水し、含水率の低いケーキに減量化します。
脱水ケーキは汚泥ホッパーに圧送します。

■汚泥脱水機
密閉型で臭気が漏れず、扱い易い遠心分離機で連続的に脱水します。固液分離汚泥用と、余剰汚泥用(凝沈汚泥含む)の二機種を設置しています。脱水ケーキ及び脱水し渣は各ホッパーから清掃センターに搬出します。
■汚泥及びし渣ホッパー
 当組合の清掃センターへ搬出し、処理しています。


脱臭・その他設備

施設から発生する臭気はダクトで集め、酸とアルカリで洗浄を行い、臭いを完璧に処理し、
クリーンな空気として大気に排出します。

■薬注装置
各プロセスに使用する薬品を貯留し、定量ポンプで所定量を圧送します。
■制御盤
各機器の運転操作釦、監視機器の他、PH計、流量計等の指示、積算、記録計を設置しています。
■脱臭装置

酸及びアルカリ剤はPH計、ORP計で自動供給し、臭気濃度の変化に対応しています。

▲ページトップへ